Oracle Cloud導入実績を公開

弊社のKPI(Key Performance Indicator)に沿って、2017年のOracle Cloud導入実績を集計しました。

新規顧客企業数(社):14
Storage導入(TB): 132
DBCS導入(instance): 10
Compute導入(ocpu): 97
APEX導入企業数(社): 4

弊社では技術者が営業を兼任しているため、短期間でこれだけ多くの新規獲得ができたのは、
Oracle Cloudという安定的、かつ強力なサービスがあってこそ。

Database Cloud Serviceとして、Oracle DBを1か月 \36,000(SEライセンス込み、保守料込み)で利用できるのは、大変魅力的です。
Oracle DBを動かすなら、Oracle Cloud!

ストレージは、Object/Blockを合わせた合計サイズですが、132TBという数字は結構なリソースです。
実際にこのサイズをSAS900GBのHDDで、例えばZFSで提供するには、訳176本必要です。
そんなストレージを自社運用で容易にするには、初期投資が少なくとも8桁はかかります。
クラウドなので、そんな事を気にしている方は少ないはず。

また、弊社はAPEXユーザグループの一員として、
APEX好きなエンジニアを増やし、エンドユーザ企業がシステムの内製を実現してくださるよう、
力を注いてでいきたいと考えます。

ここ日本で、Oracle Cloud がさらに適所で活用されるよう、
我々も日々、技術検証と提案を進め、精進していきます。