事業紹介

Oracle Cloud Infrastructure 新国内リージョン再販&移行支援

2019年5月に、満を持して次世代クラウドであるOracle Cloud Infrastructureの新国内リージョンとソウルリージョンがほぼ同時にリリース。Universal Creditsという非常に柔軟な課金モデルのため、USやEUのリージョンを使っていたお客様は、ワンクリックで新しいリージョンをアクティベーションできました。その次世代クラウド環境を、再販・設計構築・運用支援サービスをまとめて提供しております。クラウドサービスは、オンプレミスのライセンスモデルと違い、既存の商流とは関係はなく、弊社から購入することが可能ですので、お気軽にご相談ください。

まず自社で本番環境として利用して実績を作った上で、自信をもってお客様に提供しています。
すでにオープンし、5月に本番環境としてリリースしたシステムもございます。これまで下記、充実した機能を実際のお客様のシステムに活用できております。

  • DataGuardでのDB可用性の担保
  • Oracle WAFでのセキュリティ向上
  • IDCSを使った2要素認証の早期導入
  • Email Deliveryを使った安価な大量メール配信
  • CECを使って企業をまたがったドキュメント共有

また下記のような、これから国内で普及していく機能もたくさんあります。

  • 安価で高速な閉域網が実現できるFastconnect
  • CASB(マルチクラウド・ハイブリッドクラウドに対応)
  • Log-Analytics(マルチクラウド・ハイブリッドクラウドに対応)
  • 標準的なFaaSであるOracle Functions
  • 使いたいときに使えるAnalytics Cloud

こういったクラウドサービスは、Oracle Corporation、Sun Microsystems、Bea Systems、Hyperionなどのテクノロジーが結集した、最も洗練されたサービスだと思います。

2015年にオラクルクラウドUSリージョンを利用して一度は落胆した弊社ですが、
新国内リージョンは自信をもってお客様に紹介できるサービスに成長しています。管理コンソールもサクサク快適に動きます。

ご参考に、サービス再販価格の一例を下記にてご紹介します。

(一例)
下記サービス全て込みで年間150万円以下

  • CPU: 2vCPU、Memory: 15GB のサイズで稼働するOracleDBサーバ(Enterprise Edition)でのDataGuard構成
  • 高性能ブロックストレージ5TB
  • DBライセンス費用
  • オラクルサポート費用

非常にリーズナブルです。是非、お早めにご検討ください。

システム負荷テスト

12年前からアプリケーション開発支援の一部として提供してきましたシステム負荷テストですが、開発会社様やエンドユーザ会社様からの問い合わせも多く、実際にご利用になられたお客様からご好評をいただいておりますので、サービスメニューに追加いたしました。

リソース増減が簡単なクラウドコンピューティングの世界では、初期サイジングという大切なプロセスが軽視される傾向にあります。そのため、本番リリース時やプッシュ通知時にアクセス障害を起こすケースが、頻繁にございます。こういった障害をすべて防ぐことができる、とは申し上げることができませんが、少なくともサービス責任者の方は事前に下記を把握しておいたほうが良い、ということは申し上げることができます。

  • ピーク時の想定アクセス数を問題なく処理できるか?
  • 自動スケールアウトが何秒で発動するか?トリガーとなる閾値は最適か?
  • 高負荷時のレスポンスタイムは、ユーザにとって許容できる1秒以内か?
  • DBサーバの処理が遅延しないか?
  • 各サーバの初期サイジングは妥当なものか?

システム開発において、限られた開発期間とテスト期間の中に、負荷テストの人的リソースを割くことが難しいケースは多いと思われます。負荷テスト自体よりも、その負荷テスト結果が意図するネクストアクションのほうが非常に大事なので、負荷テストについては、是非アウトソースをお考えください。

 

クラウド移行テスト

オンプレミスからオラクルクラウドへ
他社クラウドからオラクルクラウドへ
オラクルクラウドからオンプレミスへ

簡単に移行できるかどうか、我々と一緒にテストをしませんか?

オラクルクラウドを採用するかどうか、今すぐ、判断する段階ではございませんが、移行先の選択肢に入れてください。ディザスターリカバリ環境として、データベースのバックアップ先として、開発環境として、バージョンアップテスト用として、いろいろな利用が可能です。

従量課金の場合、ライセンスもサポート費用もDBサーバが稼働している時間だけの課金というのは、かなり大きなメリットです。
Enterprise Editionの各種オプションもスポットで利用ができます。

下記のようなご経験のある企業様、ぜひご相談ください。

  • ハードウェアのリプレース費用が捻出できずに他社クラウドへフォークリフト移行された
  • リザーブドインスタンス化を前提にコスト比較したがインスタンスタイプ選定が適切ではなく最適化できていない
  • EA契約をしたがサブスクリプションに無駄が生じた
  • VM上でOracle DBやWebLogicを稼働させている
  • クラウド化したことで様々な問題が出てきた

まずは、御社のシステムがオラクルクラウドで動くのかどうか、一緒にテストをしましょう。

 

Oracle APEX アプリケーション開発支援

我々は本来、社内向けアプリケーションは企業が内製で作成すべきと考えています。

データをお持ちであれば、そのデータを中心としてアプリケーションをデザインして作っていくことができます。そのデータを活用したい場合に、API化することも即可能です。短期間にデータが進化/変化していく場合、SIerに外注していては、ビジネスの変化のスピードについていけません。

弊社のスコープは、開発そのものではなく開発支援になります。もちろん、開発環境の用意を致します。開発者向けのトレーニングをプランします。一緒に開発します。比較的難易度が高いコードの開発や外部API連携やセキュリティコーディング等、一旦お引き受けします。クラウド環境用意、IaaS/PaaSのセットアップ、実機テスト、負荷テスト、アプリケーション脆弱性診断、パフォーマンスチューニング、運用業務など、コアではない(外注すべき)作業についてはお任せください。

 

WEB-DBシステム・インフラ設計/構築

企業がエンドユーザに提供するWEBサービスを稼動させるための、WEBサーバ・DBサーバ及びその周辺機器(ファイヤーウォール、ロードバランサー、ストレージ、バックアップサーバ、管理サーバ)の設計および構築を致します。

また、企業が企業内で利用するWEBサービスについても同様の業務を遂行致します。すでに利用されているシステムで何らかの問題がある場合、現行システムのボトルネックを調査し、具体的なチューニング案・リプレース案を提案します。

基本的には、有償ソフトウェアのご使用を推奨しておりますが、サービスレベルに応じOSSの利用についても支援可能です。

 

リモート運用支援

一般的に、システムの設計・構築を担当するエンジニアが運用までを担当するケースは非常に少ないのが現状です。弊社では、数年後の再設計・再構築を念頭におき、そこまでの運用を一括で担当するエンジニアがいます。

そのメリットは、運用中に生じた機能追加やセキュリティ対応が迅速に行えたり、障害時にシステム全体の影響度を素早く把握して対応ができたりする点です。

また、一般的な運用担当エンジニアよりも高コストであることがデメリットに見えますが、いざ再構築を行うと決まってからの人選よりも、コスト及びスケジュール面で有利になるため、長い目でみた場合に安全で確実な人的リソースの確保ができます。

必要に応じてVPN環境を構築させていただき、SLA/SLOに応じた運用体制を維持し、リモートから運用支援を行いますので、御社内に作業スペースの確保もありませんし、指示命令もマイクロマネージメントも必要ありません。

 


Oracle Cloud Infrastructure Resale & Migration Support in New Domestic Region

In May 2019, the next generation cloud service “Oracle Cloud Infrastructure” was proudly released in new domestic region and Seoul region at almost the same time.
Customers who used US region and EU region was able to activate a another region by just one click, thanks to a highly flexible billing system “Universal Credits”.
Now, our company is offering this next generation cloud service which includes services of resale, system building, and supports for system operation in a bucket.

Unlike a license model of on-premiss, and regardless of existing sales channels, cloud service is available for purchase from us. So, please feel free to contact us.
Before working on the environment of our customers, we always do testing on our production environment, so that we can offer services with confident.

There has been some systems that already opened and released on May 2019. We’ve deployed following rich functions to our actual customers so far.

  • A Security of DB availability by “DataGuard”
  • A Security enhancement by “Oracle WAF”
  • An Early deployment of Two-Factor Authentication by “IDCS”
  • A large amount of Email delivery by “Email Delivery” at reasonable price
  • A document sharing between enterprises by “CEC”

There are also a lot of useful functions as below, and those will become widespread in Japan from now on.
I believe that these services are the most sophisticated functions gathered together with technologies such as “Oracle Corporation”, “Sun Microsystems”, “Bea Systems”, “Hyperion”.

  • Fastconnect (It would possibly make a reasonable and fast Closed Area Network)
  • CASB (supported by Multi Cloud and Hybrid Cloud Services)
  • Log-Analytics (supported by Multi Cloud and Hybrid Cloud Services)
  • Oracle Functions (Standard FaaS)
  • Analytics Cloud (Can be used anytime you want)

We admit that we were once disappointed by using a Oracle Cloud US region in 2015 though, the new domestic region is now becoming the growing service.
We can offer the domestic service to our customers with confident now. An Admin console of this service run smoothly as well.

Here’s a reference of the price for the service resale.

(e.g,)
Under 1,500,000 yen (Yearly), we can offer the following all included services.

  • DataGuard Configuration by OracleDB server (Enterprise Edition 2) running with 2vCPU, 15 GB size of Memory
  • High quality block storage 5TB
  • DB license costs
  • Oracle support costs

It is highly reasonable price. Thank you for your time and consideration in advance.

 

System Stress Test

We have offered a “System Stress Test” to our customers as one of the application development supports from 12 years ago.
We got so many inquiries about this service from development companies, and end user companies. And we also received some good reputations about it from the customers who had actually used it.
Considering these facts, we decided to add this “System Stress Test” to our original service menu.
In the field of cloud computing, increasing or decreasing the resources is easy. But at the same time, the importance of the process of initial sizing is likely to be disregarded.
Therefore, an access error often happens when you launch a service or when you provide push notifications.
Unfortunately, we can’t say that we’ll prevent all of these kinds of errors, but at least, we can advise service managers to check if their environment meets following things in advance.

  • Handling the assumed number of accesses at peak time without any problems.
  • How many seconds it takes to activate automatic scale-out. And triggering threshold has optimal number.
  • No delay in processing of the DB server
  • Validation of initial sizing of each server
In system development process, there are many cases it is difficult to allocate human resources to the System Stress Tests if the time for development and test is limited.
It is much more important to do next actions generated from the outcome of the stress test than itself. Please positively do consider relying on the outsource services for this “System Stress Test”.

Cloud Migration Test

How about to consider performing a test with us, and see if you could migrate easily your system environment..

From an on-premises to the Oracle Cloud Infrastructure? or
From a Cloud environment other vender is offering to the Oracle Cloud Infrastructure? or
From the Oracle Cloud Infrastructure to an on-premises?

It is not the time that you need to judge if you would adopt Oracle Infrastructure for your new system environment for now.
But I believe that would be a good option. Oracle Infrastructure could be used for multiple purposes,
such as for an available location to store backups for databases, a development environment, a version upgrade test, and so on.

In the case of pay-per-use system, the price for the license and the support is charged only when a DB server is running.
This is really a great deal. And other options of Enterprise Edition could be used as spot.

We would like to especially support companies which faced following experiences.

  • Had no choice but having forklift transfer to another company’s cloud, because you weren’t able to raise money for hardware replacement costs
  • Saw cost comparison based on reserved instantiation, but the instance type selection was not appropriate and could not be optimized
  • Made an EA contraction, but it got an error on subscription
  • Have a system environment where an Oracle DB or Weblogic is running on the VM
  • Faced various problems after the system environment was changed to the Cloud infrastructure.

First of all, let’s try to see if Oracle cloud would work properly on your environment with us.

WEB-DB system ・ Infrastructure design / construction

We will design and build WEB server ・ DB server and its peripheral equipment (firewall, load balancer, storage, backup server, management server) to operate the WEB service provided by companies to end users.

In addition, we will carry out similar tasks on web services that enterprises use in their company. If there is any problem with the system that has already been used, we investigate the bottleneck of the current system, and will propose you a specific tuning / replacement plan.

Basically, we advise our customer use paid software, but we can also offer you a support service that you can use OSS, based on the service level.

System Operation Support

In general, it’s quite unusual that engineers who is in charge of system design and construction process works for the whole operation.
But our company has engineers who can work for all the operations with high responsibility. They always keep in mind that they will redesign and rebuild in a few years.
An advantage is that you can quickly add functions and security correspondences that occurred during operation, and can quickly grasp the impact of the entire system in case of failure and respond.

You may think it is a disadvantage that you need to pay higher costs for that engineer who can operate for the whole process than for a normal operating engineer.
But you can get advantages in cost savings and scheduling if you rely on that engineer from the beginning of the project than in case of looking for an engineer after you decide to reconstruct your system environment. So in the long run, I believe you could keep a human resource safely and reliably by getting that comprehensive engineer.

We build VPN environment only when it’s required, and keep a operational structure according to the SLA/SLO.
Since we support you on the operation management online, you don’t need to make extra space for us to work at in your office,
and also no instruction and micro management is needed.